火曜日, 9月 27, 2011

古本屋

休日、用事があり街へ行きました。そこで古本屋のオヨヨ書林がせせらぎ通りにオープンしたのを思い出し寄ってみました。
店主は旧知の女性、ちょっと会わないといつも違う事をしている、建築好き、本好きの才女。






店は、大正期の鉄工所を改装して使用しています。なんちゃって帝冠様式かな?
古本の雰囲気にぴったり。
私は古本屋が好きで、特に県外行ったときに街角で見付けると結構ふらっとはいる癖がある。そうすると、旅の途中なのに重い荷物を持って帰るはめに…。
今回はルイス・カーンの古本を購入。

そういえば、子供のころ近くの「島」という50円のお好み焼き食べるのによくうろうろしたけど、いつのまに「せせらぎ通り」って言うようになったのだろう…。

0 件のコメント:

コメントを投稿